現在位置
ホーム > プレスリリース > 2012年 > 日本ベリサインとジュニパーネットワークス、電子証明書を利用したVPN認証の相互接続性を確認
  • Email
  • Print

2012年7月30日
日本ベリサイン株式会社
ジュニパーネットワークス株式会社

日本ベリサインとジュニパーネットワークス、
電子証明書を利用したVPN認証の相互接続性を確認

法人向けUltrabook™のリモートアクセスにも強固なセキュリティを提供

日本ベリサイン株式会社 (本社:東京都中央区、代表取締役社長:古市 克典、以下ベリサイン)とジュニパーネットワークス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:マット・コロン、以下ジュニパーネットワークス)は、ベリサインの「Symantec™ Managed PKI Service」によるクライアント証明書とジュニパーネットワークスの「MAGシリーズJunos Pulseゲートウェイ/SAシリーズSSL VPN ゲートウェイ」でのVPN認証における相互接続性を確認したことを発表いたします。「Symantec™ Managed PKI Service」は8月下旬より、ベリサインから提供を予定しております。

今回検証を実施したベリサインの電子証明書を利用した二要素認証と、ジュニパーネットワークスのSSL-VPN製品が提供する安全なVPN接続の組み合わせは、社外からのリモートアクセスに、安全で信頼性の高いユーザ認証を行えるものです。企業は、両製品を導入することで、社内外での柔軟な作業環境や事業継続計画(BCP)の実現に必要なビジネス基盤の構築を、より高度な安全性とともに実現することができます。

さらに、「Symantec™ Managed PKI Service」は、第3世代インテル® Core™ vPro™ プロセッサー対応PCに実装されたインテル® アイデンティティー・プロテクション・テクノロジー (インテル® IPT※1)とPKI技術との連携を実現し、チップセット内部のマネジメント・エンジン(ME)によりハードウェアで秘密鍵を保護し、セキュリティを強化することが可能です。

インテル株式会社 グローバル・セールス&プラットフォーム・マーケティング事業本部 副本部長 兼 マーケティング統括部長 笠倉 英知氏は、次のように述べています。
『最新の第3世代インテル® Core™ vPro™ プロセッサー搭載プラットフォームでは、インテル® アイデンティティー・プロテクション・テクノロジーの強化で公開鍵基盤(PKI)を備え、よりセキュアな方法でユーザの認証を行えるようになりました。Ultrabook™を始めとするインテル最新のプラットフォームとベリサイン社のPKIテクノロジー、ジュニパーネットワークス社のVPNソリューションを組み合わせることで、企業のモビリティー利用において、より高い安全性を実現し、本ソリューションの活用でさらにモビリティー利用が進むことを期待しています。』

ベリサインとジュニパーネットワークスは、今後も利便性に優れた、セキュアなリモートアクセスの提供を続けてまいります。

なお、7月31日(火)に東京コンファレンスセンター・品川で開催される「Intel Software Innovation Forum」のベリサイン展示ブースにおいてインテル® IPTと連携した「Symantec™ Managed PKI Service」とジュニパーネットワークス「MAGシリーズJunos Pulseゲートウェイ/SAシリーズSSL VPN ゲートウェイ」のVPN接続デモを実施いたします。

セキュアで利便性の高いリモートアクセス 連携図

認証、暗号化、電子署名による高度なセキュリティを実現する「Symantec™ Managed PKI Service」

「Symantec Managed PKI Service」は、ベリサインが培った豊富なノウハウをベースに進化した、使いやすくスケーラビリティの高いクラウドベースの認証局構築サービスです。シマンテックが認証局の構築や証明書の発行を代行して行うため、お客様は設計、構築、運用などの負担を軽減しながらPKIの導入が可能です。
詳細はhttps://www.jp.websecurity.symantec.com/mpki8/index.html をご覧ください。

セキュアなリモートアクセスを実現する ジュニパーネットワークス「MAGシリーズJunos Pulseゲートウェイ/SAシリーズSSL VPN ゲートウェイ」

業界トップクラスのジュニパーネットワークスの「MAGシリーズJunos Pulseゲートウェイ/SAシリーズSSL VPN ゲートウェイ」は、リモート環境やモバイル環境の従業員、取引先・顧客、パートナーが社内のリソースやアプリケーションにいつでもどこからでもアクセスできる環境を実現します。
詳細はhttp://www.juniper.net/jp/jp/products-services/security/mag-series/ をご覧ください。

以上

  • ※1 インテル® アイデンティティー・プロテクション・テクノロジー(インテル® IPT)
    インテル® アイデンティティー・プロテクション・テクノロジー (インテル® IPT) は、ハードウェアによるサポートで、マルウェアやOSから影響を受けないレイヤーでワンタイムパスワード(OTP)トークンおよび公開鍵基盤(PKI)証明書を保護します。ハードウェア・ベースならではの強力なセキュリティ機能を、ソフトウェア・ベース並みの利便性および応答性で提供する機能です。
    詳しくは、http://www.intel.com/jp/technology/identityprotectiontechnology/index.htm をご覧ください。

【日本ベリサイン株式会社について】

日本ベリサイン株式会社(東証マザーズ証券コード:3722)は、1996年、VeriSign, Inc.(NASDAQ:VRSN)の最初の海外法人として設立され、2010年8月、米国シマンテック・コーポレーションの子会社となりました。当社は、複雑化するネットワーク環境において、利用者がインフラの存在を意識することなく、安心してビジネスやコミュニケーションを行うことができる社会の実現を目指して、ウェブサイトの実在性を証明するSSLサーバ証明書発行サービス、認証局構築のアウトソーシングサービス、ドメイン名登録サービス、セキュリティに関する様々なコンサルティング、そしてセキュリティトレーニングなど、情報セキュリティ全般にわたるサービスを提供しています。
詳細は https://www.jp.websecurity.symantec.com をご参照ください。

【ジュニパーネットワークスについて】

ジュニパーネットワークスは、ハイパフォーマンス・ネットワーキングのリーダーです。サービスおよびアプリケーションの一元化されたネットワークにおける展開を加速するのに不可欠な、即応性と信頼性の高い環境を構築するハイパフォーマンスなネットワーク・インフラストラクチャを提供するジュニパーネットワークスは、お客様のビジネス・パフォーマンスの向上に貢献します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下のURLでご覧になれます。
http://www.juniper.net/jp/

Copyright © Symantec Website Security G.K. All rights reserved.

  • シマンテック(Symantec)、 ノートン(Norton)、およびチェックマークロゴ(the Checkmark Logo)は米国シマンテック・コーポレーション(Symantec Corporation) またはその関連会社の米国またはその他の国における登録商標、または、商標です。
  • ベリサイン(VeriSign)、ベリサイン・トラスト(VeriSign Trust)、およびその他の関連するマークは米国VeriSign, Inc.またはその関連会社の米国またはその他の国における登録商標、または、商標です。
  • Juniper NetworksおよびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。Juniper NetworksロゴおよびJunosロゴは、Juniper Networks, Inc.の商標です。
  • Intel、インテル、Intel Core vPro、Ultrabook、Intelロゴは、米国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。
  • その他の名称もそれぞれの所有者による商標である可能性があります。

<報道機関からのお問い合わせ>

ジュニパーネットワークス
エデルマン・ジャパン株式会社(広報代理)
山平、安達、中田
TEL:03-6858-7711
Email:japan-media@juniper.net


お問い合わせ先

お問い合わせはこちらから