現在位置
ホーム > プレスリリース > 2012年 > 日本ベリサイン、マネージドPKIサービスを大幅に刷新 ユーザの利便性と管理の柔軟性向上と、省力化を実現した、「Symantec™ Managed PKI Service 8」を発表
  • Email
  • Print

2012年5月9日
日本ベリサイン株式会社

日本ベリサイン、マネージドPKIサービスを大幅に刷新
ユーザの利便性と管理の柔軟性向上と、省力化を実現した、
「Symantec™ Managed PKI Service 8」を発表

日本ベリサイン株式会社 (本社:東京都中央区、代表取締役社長:古市 克典、以下ベリサイン)は、企業・組織内での認証局の構築や電子証明書を発行するマネージドPKIサービスを「Symantec Managed PKI Service」※1として刷新し、2012年8月より提供を開始することを発表します。

「Symantec Managed PKI Service」は、これまで「ベリサイン マネージドPKI」の名称で提供してきたサービスの機能・ユーザビリティを再設計し、新たな「Symantec」ブランドの名称で提供を行なう、PKI(公開鍵基盤)技術を使った次世代の認証ソリューションです。

マネージドPKIは、ネット上でやり取りを行なうユーザやデータの実在性・正統性を証明する電子認証に幅広く利用されています。社内外からのネットワーク、システムへのアクセスや、社員証による出退勤管理、メールの送受信、文書保存、企業間取引/企業とお客様との金融サービスや様々な商取引のサービス提供などにおいて、マネージドPKIで発行された電子証明書が用いられています。

今回の「Symantec Managed PKI Service」開発にあたっては、長年培ったマネージドPKIサービスの高い信頼性と豊富なノウハウを元に、マネージドPKI利用者の声を反映し、ユーザの利便性と電子証明書管理の柔軟性を高めることで、大幅な省力化を実現しています。具体的には、電子証明書プロファイルなどについて管理者自らが設定を可能であること、OSやブラウザ/デバイスなどの対応可能なプラットフォームの拡大、ユーザインターフェイスなどの改善による使いやすさの向上、拡張性・柔軟性の確保を実現しています。

企業・組織内の社員や、電子取引を行なうお客様などのエンドユーザ向けでは、電子証明書の取得画面インターフェイスである「PKI Client」及び「PKI Certificate Service」において、直感的な操作が可能なユーザインターフェイスを採用しました。またこの画面において5か国語(日本語、英語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語)をサポートし、企業のグローバル化に対応しています。また、これまでユーザ 1人1人が都度操作を行なっていた電子証明書の更新を自動化し、メールソフト(Outlook)やVPN、Wi-Fiなどのアプリケーションへの自動構成により、ユーザの設定作業を省くなど、利便性を高めました。

企業の認証管理者が利用する「PKI Manager」では、従来、ベリサインへの依頼が必要だった電子証明書のプロファイル変更などの設定変更が、管理者の手元で実施可能になりました。また、これまで個々アカウントを保有していただいたVPN認証やネットワークへのアクセス制御、PDF署名、メールの暗号化・署名などの各用途での電子証明書の発行が、1つのアカウントの設定時に全て同時に対応可能になっています。

プラットフォームでは、対応OSがWindowsに加えiOSをサポートし、今後も拡充を行なっていく予定です。iOS対応により、iPhoneやiPadなどのスマートデバイスも同じアカウントで管理ができるようになり、企業のスマートデバイス利用をサポートします。さらに、企業が利用しているクラウド上のサービスとシームレスに連携できるようになるなど、外部のクラウドサービス活用が進む企業にも対応します。

「Symantec Managed PKI Service」の主な特長は、以下のとおりです。

利便性

  • ユーザの利便性を高めたユーザ取得画面インターフェイス「PKI Client」
    • ライフサイクル管理を容易にする電子証明書の自動更新機能
      電子証明書更新の自動化により、ユーザの更新忘れを防止
    • 設定の手間を省く自動構成
      管理者の指定により、電子証明書を取得後、自動的に、クライアントPCや端末で利用しているVPN、Outlook、Wi-Fiなどに電子証明書の設定を実行
    • 5か国語に対応(日本語、英語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語)し、ユーザインターフェイスの言語の選択が可能。企業のグローバル化に対応
  • グラフィカルで直感的な操作が可能な管理者設定コンソール「PKI Manager」
    • 直感的で使いやすいインターフェイス
    • レポートの新規作成、保存、ダウンロード(PDF、Excel)、自動実行指定などの豊富なレポート機能
      グラフィカルなダッシュボードやカスタマイズ可能なレポートにより、PKIサービスの利用状況の把握が可能
  • 導入までの時間を短縮
    • 本番環境上でのテスト環境の構築が可能なテストモードを提供
      テスト後、申し込みをすればテストモードからそのまま実導入にスムーズに移行することが可能

高い柔軟性とスケーラビリティ

  • 1つのアカウントで様々な用途に電子証明書の発行が可能
    • 1つの認証局で社内ネットワークへのアクセス制御、VPN認証、PDFへの署名、社員証への組み込み、スマートデバイスの認証(iOS)、メールの暗号化など、様々な用途に利用が可能
  • クライアント環境とOSのマルチプラットフォーム対応
    • Internet Explorer、Firefoxなどのブラウザをサポート
    • Windows、iOSなどのOSをサポート
  • サービスとのシームレスな連携
    • 社内のディレクトリとローカルでのユーザ認証情報を連携させたハイブリッド型のサービス構成が可能
    • MDM(Mobile Device Management)やDLP(Data Loss Prevention)、その他の社内設置/クラウド上で利用する様々なサービスともシームレスに連携

高い信頼性と豊富なノウハウによる構築支援

  • 24時間365日体制のモニタリング・管理による万全のサポート体制
  • SAS-70/ISAE3402 や専門的な政府監査など、第三者機関の監査を毎年受け、高レベルなセキュリティ基準で運用されているインフラ
  • 日本で展開するプロフェッショナルサービスによる構築支援

動作環境

構成要素 プラットフォームとOSの要件
PKI Manager
  • Windows 7(32bit/64bit)
    • Microsoft Internet Explorer8
    • Mozilla Firefox 3.6以降
  • Windows XP SP3(32bit)
    • Microsoft Internet Explorer 7/8
    • Mozilla Firefox 3.6以降
PKI Certificate Service
  • Windows 7(32bit/64bit)
    • Microsoft Internet Explorer8
    • Mozilla Firefox 3.6以降
  • Windows XP SP3(32bit)
    • Microsoft Internet Explorer 7/8
    • Mozilla Firefox 3.6以降
PKI Client
  • Windows 7(32bit/64bit)
    • Microsoft Internet Explorer8
    • Mozilla Firefox 3.6以降
  • Windows XP SP3(32bit)
    • Microsoft Internet Explorer 7/8
    • Mozilla Firefox 3.6以降
PKI Enterprise Gateway
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 (64bit)
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1 (64 bit)
  • IIS 7.5以降に以下のサービスの追加が必要
    • IIS 6.0管理互換 (IIS 6 management compatibility)
    • Windows認証 (Windows Authentication)
    • .NET Framework 4.0
  • 本サーバがActive Directory 2008がインストールされたドメインに所属していること

Symantec Managed PKI Serviceの概要

「PKI Client」 ユーザ用画面イメージ

「PKI Manager」 管理者用画面イメージ

以上

なお、本日から11日(金)まで東京ビッグサイトで開催されている「第9回情報セキュリティExpo春」のシマンテックブース(東展示棟、小間番号31-16)において、本サービスのデモを行います。ぜひお立ち寄りください。

【日本ベリサイン株式会社について】

日本ベリサイン株式会社(東証マザーズ証券コード:3722)は、1996年、VeriSign, Inc.(NASDAQ:VRSN)の最初の海外法人として設立され、2010年8月、米国シマンテック・コーポレーションの子会社となりました。当社は、複雑化するネットワーク環境において、利用者がインフラの存在を意識することなく、安心してビジネスやコミュニケーションを行うことができる社会の実現を目指して、ウェブサイトの実在性を証明するSSLサーバ証明書発行サービス、認証局構築のアウトソーシングサービス、ドメイン名登録サービス、セキュリティに関する様々なコンサルティング、そしてセキュリティトレーニングなど、情報セキュリティ全般にわたるサービスを提供しています。
詳細は https://www.jp.websecurity.symantec.com をご参照ください。

Copyright © Symantec Website Security G.K. All rights reserved.

  • シマンテック(Symantec)、 ノートン(Norton)、およびチェックマークロゴ(the Checkmark Logo)は米国シマンテック・コーポレーション(Symantec Corporation) またはその関連会社の米国またはその他の国における登録商標、または、商標です。
  • ベリサイン(VeriSign)、ベリサイン・トラスト(VeriSign Trust)、およびその他の関連するマークは米国VeriSign, Inc.またはその関連会社の米国またはその他の国における登録商標、または、商標です。
  • その他の名称もそれぞれの所有者による商標である可能性があります。

お問い合わせ先

お問い合わせはこちらから