現在位置
ホーム > プレスリリース > 2012年 > ベリサインシールでGoogle、Yahoo!、bing、gooからの流入数が平均6.6%向上
  • Email
  • Print

2012年3月1日
日本ベリサイン株式会社

ベリサインシールでGoogle、Yahoo!、bing、gooからの流入数が
平均6.6%向上

検索結果に信頼の証を表示し、マーケティング効果を増大

日本ベリサイン株式会社 (本社:東京都中央区、代表取締役社長:古市 克典、以下ベリサイン)は、ベリサインが提供する「シールインサーチ機能」により、ベリサインを利用するサイトへのGoogle、Yahoo!、bing、gooの検索結果からの流入数が平均6.6%向上したことを確認しました。(調査結果参照)

現在、ベリサインのSSLサーバ証明書およびVeriSign Trust™ Seal※1には、Google、Yahoo、bing、gooなどの検索結果において、お客様サイトのリンク横に信頼の証となるベリサインシール※2を表示するシールインサーチ※3が無償でバンドルされています。

シールインサーチの表示例

シールインサーチの表示例

gooでの表示例

gooでの表示例

調査結果

検索サイト 調査期間 対象数 結果 調査機関
Google シールインサーチ利用開始前後一ヶ月 99サイト 平均6.3%増加 ネットレイティングス株式会社
Yahoo!
bing
goo シールインサーチ利用開始前後一週間 11サイト 平均7.0%増加 エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社

シールインサーチが表示される条件

Google、Yahoo!、bingの検索結果にベリサインシールを表示するには、ノートンインターネットセキュリティ、ノートン360、ソースネクストウイルスセキュリティ、AVGアンチウィルスのいずれかがインストールされている必要があります。gooウェブ検索、OCNウェブ検索、BIGLOBEサーチでは上記ソフトウェアが無くても、検索結果にベリサインシールが表示されます。

今回の調査で、ベリサインのSSLサーバ証明書は暗号化や認証といったSSLサーバ証明書の従来の安全性に関わる機能が高く評価され、検索行動をはじめとするインターネット上での行動に大きな影響を与えることが分かりました。

ベリサインでは、2011年からSSLサーバ証明書にシールインサーチのほか、マルウェアスキャン、脆弱性アセスメントなどのセキュリティ対策ソリューションについても無償バンドルを開始しております。ベリサインは今後も、お客様のビジネスに貢献する機能を提供していきます。

以上

【日本ベリサイン株式会社について】

日本ベリサイン株式会社(東証マザーズ証券コード:3722)は、1996年、VeriSign, Inc.(NASDAQ:VRSN)の最初の海外法人として設立され、2010年8月、米国シマンテック・コーポレーションの子会社となりました。当社は、複雑化するネットワーク環境において、利用者がインフラの存在を意識することなく、安心してビジネスやコミュニケーションを行うことができる社会の実現を目指して、ウェブサイトの実在性を証明するSSLサーバ証明書発行サービス、認証局構築のアウトソーシングサービス、ドメイン名登録サービス、セキュリティに関する様々なコンサルティング、そしてセキュリティトレーニングなど、情報セキュリティ全般にわたるサービスを提供しています。
詳細は https://www.jp.websecurity.symantec.com をご参照ください。

Copyright © Symantec Website Security G.K. All rights reserved.

  • シマンテック(Symantec)、 ノートン(Norton)、およびチェックマークロゴ(the Checkmark Logo)は米国シマンテック・コーポレーション(Symantec Corporation) またはその関連会社の米国またはその他の国における登録商標、または、商標です。
  • ベリサイン(VeriSign)、ベリサイン・トラスト(VeriSign Trust)、およびその他の関連するマークは米国VeriSign, Inc.またはその関連会社の米国またはその他の国における登録商標、または、商標です。
    その他、本文中に記載のすべての社名および製品名は、各社の商標です。
  • その他の名称もそれぞれの所有者による商標である可能性があります。

お問い合わせ先

お問い合わせはこちらから