現在位置
ホーム > プレスリリース > 2012年 > 電子証明書を利用したスマートフォンやタブレットPC端末認証にJailbreak及びroot化された端末検知機能を提供
  • Email
  • Print

2012年2月20日
日本ベリサイン株式会社

電子証明書を利用したスマートフォンやタブレットPC端末認証に
Jailbreak及びroot化された端末検知機能を提供

企業のスマートデバイス利用時のセキュリティを強化

日本ベリサイン株式会社 (本社:東京都中央区、代表取締役社長:古市 克典、以下ベリサイン)は、スマートフォン/タブレット型端末などのスマートデバイス向け証明書発行ソリューション「Symantec Managed PKI for SmartPhone(以下MPKI for Device)」※1において、Jailbreak※2及びroot化※3された端末検知機能を追加し、2月20日以降、順次提供を開始することを発表します。

企業のスマートデバイスの利用が増加するなか、スマートデバイスからの安全なアクセスをいかに確立し、ビジネスに活用するかが課題となっています。設定された制限を取り外し、禁止されている設定の変更を可能にしてしまうJailbreakやroot化は、深刻な脆弱性を生じさせ、企業のネットワークを危険にさらす可能性があります。

今回、MPKI for Deviceに追加された機能は、スマートフォン/タブレット型端末への証明書の配布や管理を行う専用アプリ「MPKI Client」がJailbreak及びroot化された端末を検知し、不正な端末への証明書の発行を禁止することができますので、企業の端末利用のセキュリティをより強化することが可能となります。また検知結果は管理者向けの設定及び管理ツールであるデバイスIDマネージャに記録されます。

新機能は「MPKI Client」のバージョンアップによって利用が可能となり※4、iPhone、iPad向けはApp Store、Android OS向けはAndroid Marketから、それぞれ2月20日以降順次公開され次第、無償でダウンロードいただけます。

MPKI for Device 「Jailbreak, root化検知」について

主な機能

  • MPKI Client経由での端末への証明書発行時に不正端末を検知
  • 不正端末検出時に証明書の発行を禁止する/しない設定が可能
  • 禁止しない場合はMPKI Clientに警告、禁止した場合はエラーが表示
  • 検知結果は管理者向けの設定及び管理ツールであるデバイスIDマネージャに記録

動作環境

iOS: 4.0以上
Android: 2.2以上

機能サポートバージョン情報

MPKI Client (iOS版):    Ver1.0.2
MPKI Client (Android版): Ver1.0.9

Symantec Managed PKI for SmartPhone 「Jailbreak/root化検知」概要

専用アプリ「MPKI Client」画面イメージ (不正端末検出時)

証明書の発行を許可した場合
(警告メッセージが表示)

証明書の発行を禁止した場合
(エラーメッセージが表示)

「Symantec Managed PKI for SmartPhone」 管理者サイト画面イメージ

管理者サイト画面 ホーム

不正端末への証明書発行の設定画面

以上

  • ※1 「Symantec Managed PKI for SmartPhone」とは
    企業がスマートフォンやタブレットPC端末を利用する上で、端末認証を行い、指定した端末のみ企業のネットワークにアクセスさせたいニーズに応えたアウトソースの認証サービスです。認証局の運用及び管理はベリサインが行いますので初期の投資コストを抑えることが可能です。スマートフォンやタブレットPCへの証明書の発行は、ウェブブラウザからのダウンロードの他、専用アプリ「MPKI Client」を利用し、より簡素化された手順で配布することができます。
    https://www.symantec.com/ja/jp/page.jsp?id=managed-pki-device
  • ※2 Jailbreak(ジェイルブレイク [直訳で“脱獄”])とは
    iOSを搭載したiPhoneやiPadなどの端末において、Apple社の認可を受けていないソフトウェアをインストール、起動する目的でiOSの制限を取り外す行為
  • ※3 root化(ルート化)とは
    Android OSをプラットフォームとする端末において、メーカーが許可していないシステムの操作を行う目的で、ルート権限でシステムを操作できるようにする行為
  • ※4 既存のMPKI for Deviceご利用のお客様で、Jailbreak, root化検知機能を利用するには、MPKI Clientのバージョンアップと証明書の新規発行または更新が必要です。

【日本ベリサイン株式会社について】

日本ベリサイン株式会社(東証マザーズ証券コード:3722)は、1996年、VeriSign, Inc.(NASDAQ:VRSN)の最初の海外法人として設立され、2010年8月、米国シマンテック・コーポレーションの子会社となりました。当社は、複雑化するネットワーク環境において、利用者がインフラの存在を意識することなく、安心してビジネスやコミュニケーションを行うことができる社会の実現を目指して、ウェブサイトの実在性を証明するSSLサーバ証明書発行サービス、認証局構築のアウトソーシングサービス、ドメイン名登録サービス、セキュリティに関する様々なコンサルティング、そしてセキュリティトレーニングなど、情報セキュリティ全般にわたるサービスを提供しています。
詳細は https://www.jp.websecurity.symantec.com をご参照ください。

Copyright © Symantec Website Security G.K. All rights reserved.

  • シマンテック(Symantec)、 ノートン(Norton)、およびチェックマークロゴ(the Checkmark Logo)は米国シマンテック・コーポレーション(Symantec Corporation) またはその関連会社の米国またはその他の国における登録商標、または、商標です。
  • ベリサイン(VeriSign)、ベリサイン・トラスト(VeriSign Trust)、およびその他の関連するマークは米国VeriSign, Inc.またはその関連会社の米国またはその他の国における登録商標、または、商標です。
  • その他の名称もそれぞれの所有者による商標である可能性があります。

お問い合わせ先

お問い合わせはこちらから