現在位置
ホーム > プレスリリース > 2010年 > 国内オンラインバンキング最大の楽天銀行がベリサインの「VIP FDS」を導入
  • Email
  • Print

2010年 11月 29日
日本ベリサイン株式会社

国内オンラインバンキング最大※1の楽天銀行がベリサインの「VIP FDS」を導入

入出金に関わる不正取引の検出機能を搭載し、安全性が更に向上

日本ベリサイン株式会社 (本社:東京都中央区、代表取締役社長:古市 克典、以下ベリサイン)は、楽天銀行株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:國重 惇史、以下楽天銀行)において、オンライン詐欺検出サービス「ベリサイン アイデンティティ プロテクション オンライン詐欺検出サービス(以下、VIP FDS)」※2の導入作業が完了し、セキュリティが更に強化されたことを発表します。

今回の導入完了によって、国内オンラインバンキング最大、約350万の口座数を保有する※3楽天銀行のオンラインバンキングサービスでは、ATMを含めた入出金での不正取引を検知し、お客様の利便性を損なうことなく不正な取引を検出することが可能になりました。日本ベリサインの「VIP FDS」は、リスクベース認証技術を用いることで利用者の通常と異なるアクセス行動や異常な取引・操作を自動的に検出します。通常の取引ではありえない頻度や金額での入出金、遠隔地のATMからの不自然な入出金といった異常取引を検知するには、きわめて精巧な不正検知ポリシーが不可欠です。このポリシー作成には、マネーロンダリング対策および犯罪取引シナリオ分析に独自の経験と実績を持つ株式会社シグマクシス※4の不正取引検知のノウハウが活用されています。

楽天銀行では、これまで不正取引の検知を独自に実施していましたが、「VIP FDS」を導入することで利用者の追加負担なく、業務改善と効率化、コスト削減を実現し、取引の安全性を確保することに成功しました。楽天銀行では、今後も更に、「VIP FDS」の各種機能の拡張を予定しており、更なるセキュリティの強化と利用者への安全性を重視したサービス提供に注力していきます。

銀行をはじめとする各種オンラインサービスのセキュリティにおいて、高度な詐欺検出は今後も非常に重要になってきます。ベリサインはお客様がオンライン事業を進めるうえで、最高水準の詐欺防止対策と認証サービスを、より簡単かつコスト効率良く利用できるよう、「VIP FDS」を提供します。

FDSの一般構成

FDSの一般構成

以上

【日本ベリサイン株式会社について】

日本ベリサイン株式会社(東証マザーズ証券コード:3722)は、1996年、VeriSign, Inc.(NASDAQ:VRSN)の最初の海外法人として設立され、2010年8月、米国シマンテック・コーポレーションの子会社となりました。当社は、複雑化するネットワーク環境において、利用者がインフラの存在を意識することなく、安心してビジネスやコミュニケーションを行うことができる社会の実現を目指して、ウェブサイトの実在性を証明するSSLサーバ証明書発行サービス、認証局構築のアウトソーシングサービス、ドメイン名登録サービス、セキュリティに関する様々なコンサルティング、そしてセキュリティトレーニングなど、情報セキュリティ全般にわたるサービスを提供しています。
詳細は https://www.jp.websecurity.symantec.com をご参照ください。

Copyright © 2010 Symantec Website Security G.K. All rights reserved.

  • シマンテック(Symantec)、 ノートン(Norton)、およびチェックマークロゴ(the Checkmark Logo)は米国シマンテック・コーポレーション(Symantec Corporation) またはその関連会社の米国またはその他の国における登録商標、または、商標です。
  • ベリサイン(VeriSign)、ベリサイン・トラスト(VeriSign Trust)、およびその他の関連するマークは米国VeriSign, Inc.またはその関連会社の米国またはその他の国における登録商標、または、商標です。
  • その他の名称もそれぞれの所有者による商標である可能性があります。

お問い合わせ先

お問い合わせはこちらから